奈良の一刀彫 万葉堂

お知らせ

2019/12/14

「制作日記 段雛 最終仕上げ」




今年も残すところ半月となりました。
いよいよ雛制作の完成に向けて、ラストスパートです。

お人形は、ほぼ完成いたしました。
後は、小物を持たせたり、屏風や桐箱の絵付けに追われています。


段雛は、特に小物仕上げが多く、五人囃子の太鼓のバチや笛を持たせたり、
三人官女には尺、随身(右大臣・左大臣)には刀を持たせたり、細かい作業に追われています。
段雛の屏風や箱描きは、桜の花ばかりを描きますので、根気との戦いです。


お陰様で、新しくホームページを立ち上げてから、初めての桃の節句を迎えます。
11月に入りましてから、ご予約やお問い合わせも増えてまいりました。
12月末には、今期の在庫表記も出来るかと思います。
嬉しい叫びですが、ご予約で、もうすでに完売となってしまった商品もございます。
予めご了承下さいませ。