奈良の一刀彫 万葉堂

お知らせ

2019/07/13

「麻のれん 洗濯について」




麻のれんの洗濯方法とお手入れについて


*洗濯方法について・・・洗濯は「手洗い」が可能です。


1 のれんの継ぎ目に沿って畳みます。1本の麻の状態にして下さい。


2 大きなタライ、もしくは洗濯槽の中にをはり、麻を大きく丸めます。

【注意】この時、パチンと折り目が付く様な事はしないで下さい。
    折り目が付くと、なかなか取れません。


3 中性洗剤を入れて、水で付け置き洗いをします。

【注意】お湯は使わないで下さい。
    揉み洗いや洗濯槽も回さないで下さい。


4 暫く付け置きした後、水洗いして洗剤を落として下さい。

【注意】この時も軽く押す程度にして、絶対に揉まないで下さい。


5 水洗いの後、絞らないで、そのまま濡れた状態で竿に干して下さい。

【注意】水が切れたら、濡れている状態で麻のみみとみみを合わせて、軽く引っ張って形を整えます。


6 そのまま自然乾燥します。アイロンは当てないで下さい。


ご家庭でお洗濯が困難な場合、クリーニング店とご相談下さい。
ただし、麻は天然素材ですので、高温のアイロンを当て過ぎると、ダメージが強過ぎます。
その点をご理解の上、信頼できるクリーニング店にお出し下さい。

 

*普段のお手入れ方法


1 ブラシなどで軽くホコリを掃って下さい。


2 シワが気になる時は、のれんが掛かっている状態で、シワの部分に霧吹きで(お水を入れて)、吹いて下さい。


3 そのまま自然乾燥すると、たいていのシワは取れます。

注意】霧を吹いた部分をアイロン当てすると、麻が縮みます。アイロンは濡れた状態では厳禁です。