奈良の一刀彫 万葉堂

お知らせ

2019/04/06

「木彫り雛 万葉堂の立雛・創作雛 紅白梅」




新しい元号「令和」が発表されました。
日本最古の歌集「万葉集」の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」から由来されたそうです。

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」
令月とは何事をするにもよい月、おめでたい月。陰暦の2月にあたるそうです。


この由来を耳にして、ピンときたのが、当店の紅白梅の立雛と木彫り雛です。
立春を過ぎた頃から、飾って貰うにはふさわしい、紅白の梅の柄のお雛様です。
令月(2月)に、おめでたい紅白の梅のお雛様。
万葉集と万葉堂・・・同じ万葉繋がりという事で、令和元年生まれの女の子の初節句にピッタリではないでしょうか。


木彫りの雛人形 吉岡一泰作 【木彫雛】紅白梅 はこちらからどうぞ。

奈良一刀彫  雛人形 吉岡一泰作 立雛-紅白梅4寸 はこちらからどうぞ。

奈良一刀彫  雛人形 吉岡一泰作 立雛-紅白梅5寸 はこちらからどうぞ。